講堂

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

講堂 (こうどう) は1930年(昭和5年)に完成し、平成5年に解体されるまで存在した建物。1945年 (昭和20年) の空襲により校舎は焼失したが講堂だけは骨組み、壁など主要構造は残ったため戦後復興校舎でも構造を活かして再建された。2階建で1階部分は教室や食堂として使われ、2階部分が講堂。戦後復興校舎では普段は体育館的な使い方がされていた。平成5年に校舎新築に伴い解体された。

最初期

校舎中央部の3階部分が講堂として使用されていた。創作展覧会もここで開催されていたようである。

戦前

1930年(昭和5年)に校舎に囲まれるような位置に、鉄筋コンクリート2階建の講堂が完成した。

昭和16年当時の校舎。中央にあるのが講堂

昭和18年当時の構成は下記のとおり

  • 1階:教室(3室)、物化職員室、化学教室(2室)、化学準備室
  • 2階:講堂、来賓控室
昭和18年当時の校舎平面図

焼失から復興

昭和20年4月の空襲によって校舎は焼失したが、講堂だけは主要構造が残った。

昭和20年の焼失校舎。講堂だけが残った

戦後復興校舎の建設に先立って1953年 (昭和28年)4月に講堂の屋根修理が終わっている。

校舎は焼失したままだが、講堂の屋根の修復が終わっている

戦後再建講堂

講堂外観。平成3年ごろ

戦後に再建された講堂は、通常は体育館的な使い方をされた。平成5年、新校舎完成後に解体されグラウンドになった。

2階の床について

平成3年ごろの講堂内部。窓枠は後方に行くほど高くなっている

平成4年に解体された最終状態の講堂の床面は水平だったが、「窓枠の下面が後方に行くほど高くなっていること」「後方出入り口が利用できない高い位置にあること」から以前は2階は傾斜床になっていたことがわかる。

傾斜床から水平床に変更になった時期については、並木(022E)、林(023)、清水(024)の記憶によると彼らが在学中だった昭和40年ごろの講堂の床は後方へ上がる傾斜がついていて柔道の授業で転がった記憶があるという。一方で小田嶋(031)、久光(039J)の記憶によると彼らが在学中の床は水平だったという。この間に講堂床面の改修工事が行われたのではないかと思われ、この情報に基づき並木(020G)が当時在学中だった人たちから聞き取った情報を総合すると昭和45年4月から昭和46年3月までの間で講堂の斜め部分の床を斜めから水平にする工事が行われたというのが有力視されている。

改修期間中、柔道場は講堂の一階部分のどこかに移動したらしいが時期や場所については卒業生の記憶もあいまいで確かな情報は得られていない。

また、戦前の2階講堂の床面については内部写真や図面が見つかっていないのでわからないのだが、外観写真を見ると2階部分の窓枠下面がまっすぐになっているように見える。このことから戦前の講堂の床は水平、戦後再建時に傾斜、昭和40年後期に再び水平になったのではないかと思われる。