1918年度 (大正7年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

開校前年度。開校に向け、校舎の建設、校長の選任、入学者選抜試験などが行われた。

できごと

8月17日 本校設立認可・生徒定員800人、開校年月大正8年4月

9月30日 小石川駕籠町に設置を決定(東京府告示288号)

10月5日 東京府告示288号 東京府立第五中学校を小石川区駕籠町に設置し大正8年4月より開校す但開校に至るまで仮事務所を東京府庁内に置く(生徒定800員)[1][2](創立70 周年記念誌には「1918年9月30日」とある)

12月 府立病院跡の約4,000坪に第一期校舎建築工事に着手[1]

1月15日 伊藤長七が校長に補せられた。[1][3][4]

1月28日 生徒募集に関する事務所を小石川区竹早町の東京府女子師範学校内におかれた。[1][3]

3月26-28日 東京府女子師範学校内にて入学試験施行され受験者938名。[1][3][4]

3月30日 合格発表。合格者186名。[1]

3月31日 第一期校舎落成。六義園近く、府立病院跡の約4,000坪[1][4]

関連事項

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 東京府立第五中学校・学校沿革誌
  2. 創立50周年記念誌
  3. 3.0 3.1 3.2 「創作」第61号(昭和39年9月29日)
  4. 4.0 4.1 4.2 創立70周年記念誌