1921年度 (大正10年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

この年、制服を背広に決定したことが東京百年史[1]に記載されている。背広というのが、当時は珍しかったので、東京百年史にこういう記載がされたのかもしれない。

5月4日 講堂上棟式(この講堂は、初期校舎棟2階に設けられたもので、昭和5年築ののちに戦災に遭ったものとは異なる。)

5月23日 紫友会総会にて、財団法人紫友会設立の件可決

6月29日 文部大臣より財団法人紫友会設立の許可

7月9日 財団法人紫友会より、運動場1338坪(価格2万5千円)の寄付を受ける

7月20日から 転地修養隊(志賀村)。この年の転地修養隊の様子がアルバムとして残されている。転地修養隊のページを参照のこと。

9月1日 第三期分校舎落成

10月4日〜22日 伊藤校長、満州奉天で開催の全国中学校長会議に出席

10月6日〜8日 修学旅行(1年:7・8日、銚子; 2年日光; 3年; 箱根・修善寺)

10月28日〜31日 創作展覧会を開催

11月3日 開校記念式、式後9時より運動会開催

11月11日 伊藤校長、欧米視察旅行に出発(帰着は、翌年12月18日)

2月11日 第4期分校舎着工

2月13日 校庭にて天体観望が催された

020 B 001 0023.jpg

3月 栗山津禰が国語科漢文教諭として着任。これは、五中だけでなく全国の中学校(男子校)で初めての女性教諭であった。

創作展覧会

3階の講堂で開催された。

020 B 001 0022.jpg

関連項目

脚注

  1. 東京百年史編集委員会編『東京百年史』東京都, 1973年, 別巻 年表・索引