1922年度 (大正11年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

4月 国語科漢文担当に大杉謹一先生着任[1]

4月1日 財団法人紫友会図書室および体育場(開拓館)建築のため校地60坪を同会に貸与す[2][3][4]。ただし、昭和39年度学校要覧の学校沿革のページでは大正11年7月に貸与と記述されている。

4月6日 午前8時より第2学年補欠入学考査[2]

4月7日 第2学年補欠入学考査、体格、口頭、入学許可者氏名発表 入学考査 合格発表[2]

4月9日 午後9時始業式、10時より新入生徒入学式を行う、以上終わり新入生徒の保証人と職員との懇話会に移り、正午過ぎ終わる[2]

4月10日 第1学期授業開始[2]

4月12日 英皇太子御入京奉迎のため臨時休業、職員生徒代表者50名午前11時内幸町にて奉迎[2]

4月13日 九州大学教授櫻井恒次郎博士来校体操科参観、午前11時より講堂に於て「体操の効果」についての講演あり[2]

4月22日 英皇太子御退京につき職員生徒代表50名奉送[2]

5月 物理担当に吉木利光先生着任[1]

5月2日 大磯千畳敷へ遠足を行う[2]

5月26日 全校生徒体格検査[2]

5月27日 9時半より海軍少佐守武幾雄氏講話あり「一、海軍縮小につき 二、尼港事変実見談」[2]

6月1日 午前7時10分始業となる[2]

6月10日 10時半より時の記念日に関する橘、加藤両教諭の講話あり[2]

7月 夏期学校(長野県北佐久郡志賀村の某寺で、約10日間)[5]

7月 紫友会図書室および体育場(開拓館)建設のため校地60坪を同会に貸与[6]

7月3日 第4期分校舎落成、午前10時、東伏見宮御葬儀遙拝式[2]

7月17日 保証人職員懇話会[2]

7月19日 第1学期終業式[2]

7月20日 転地修養隊、水泳部各方面に出発[2]

8月1日 午前10時学校にて職員会、転地隊、水泳部結果報告[2]

9月1日 午前8時始業式[2]

9月2〜9日 7時30分授業開始、1時限40分[2]

9月5日 廣島俊三氏、窪田健二君の追悼会を行う[2]

9月11日 午前8時始業、1時限50分に復す[2]

9月26日 節約につき訓話[2]

10月13日 午後講話あり「消費節約について 貯金局長 天野直嘉氏」[2]

10月28日 午後1時より保証人職員懇話会を開く[2]

10月30日 午後8時より講堂に「ベンチ」を備えつけ9時より学制頒布50年記念式を行う、記念事業として開拓館図書室に学制頒布五十年記念文庫を設置し、校庭に記念植樹をなす[2]

10月31日 午前6時半、宮城前に於て天長節祝賀会を行う[2]

11月3日 第4回開校記念日につき、午前8時より記念式を行う[2]

11月4日 コレラ病終息せるを以て修学旅行の代わりとして遠足を行う、1・2年上州太田金山、3・4年同唐澤山 遠足[2]

11月30日 開拓館工事竣工[2][6][7]

12月8〜11日 第2学期定期考査施行[2]

12月16日 伊藤校長1年余の外遊を卒え、神戸に上陸[2]

12月18日 午前8時40分、伊藤校長東京駅着、本校職員および生徒代表者(各学級正副級長列長)駅頭に出迎う、校長は東京府庁に立ち寄り、午前10時本校に帰着、講堂に於て全職員生徒の歓迎を受け、校長よりこれに対し挨拶あり(帰校式挙行)、この日臨時休業[2][6]

12月23日 紫友会の催しとして、伊藤校長歓迎会挙行、この日午前8時30分、講堂に於て第2学期終業式を行う[2][4]

12月25日 冬季休業始まる[2]

1月1日 午前6時半宮城前に於て生徒職員一同拝賀式挙行[2]

1月11日 伊藤校長帰朝記念を兼ねて、第2回創作展覧会、学芸会等開催

1月14日 開拓館開館式

関連項目

脚注

  1. 1.0 1.1 創作66号昭和40年11月18日発行
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 2.11 2.12 2.13 2.14 2.15 2.16 2.17 2.18 2.19 2.20 2.21 2.22 2.23 2.24 2.25 2.26 2.27 2.28 2.29 2.30 2.31 2.32 2.33 2.34 2.35 東京府立第五中学校・学校沿革誌
  3. 「創作」体育館落成記念号外:昭和36年10月2日
  4. 4.0 4.1 創立70周年記念誌
  5. 紫友同窓会会報No.11_1983年(昭58年)
  6. 6.0 6.1 6.2 「創作」第61号:昭和39年9月29日
  7. 「創作」第90号:昭和47年3月15日