1933年度 (昭和8年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

4月1日 入学式[1]

4月4日 始業式[1]

4月27日 靖国神社臨時大祭、校庭にて遙拝、代表者参拝玉串料献納[1]

4月29日 天長節、宮城前にて拝賀式[1]

4月30日 3年生平泉、松島、塩原地方へ修学旅行に出発[1]

5月2日 2年生は富士五湖へ、1年生は箱根小田原方面へ修学旅行に出発[1]

5月5日 本日よりこの日を開校記念日と定め講堂にて記念式を挙行す、校長式辞田邊教諭および村地長孝博士の講話あり、のち校庭にて端午ノ会を行う[1]

5月13日 第2、3時、小濱中佐の講演あり[1]

5月23〜26日 臨時考査[1]

5月27日 海軍記念日、本校第2回卒業生手島海軍中尉の講話あり[1]

6月17日 保証人会[1]

7月7〜12日 第1学期期末考査[1]

7月13日 月野木少佐の防空講話あり[1]

7月20日 終業式[1]

7月21日 水泳部、転地隊、登山隊、キャンプ隊出発[1]

7月21〜31日 プールにて水泳講習会開かる[1]

8月 北多摩郡谷保村(現国立市中)に見心寮開設(「見心寮」と命名は、翌昭和9年1月12日、落合校長による。)

教職員

伊豆山で撮影された五中職員の写真

関連項目

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 東京府立第五中学校・学校沿革誌