1945年度 (昭和20年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

4月13日深夜から14日未明の城北大空襲により、校舎全焼(50周年誌「半世紀」52ページでは二十年四月二十五日と書かれているがこれは間違い)

4月25日[1] 文京区明化国民学校に移転

6月30日 井上宗助校長退職、澤登哲一校長が第十五中学校から転補

11月12日 滝野川区滝野川の旧陸軍東京第一造兵廠内青年学校に移転

12月 教員・生徒・父兄による消費協同組合結成

3月 五中として最後の入学試験行われる(全員合格になった。学校資料室に「入学許可書」実物あり)

3月 24回生卒業(昭和17年入学、4年生で卒業)

昭和21年2月中等学校令改正により修業年限5年に戻るが、4年で卒業生47名あり。

昭和17年入学で昭和22年3月卒業の25回生は166名。

校舎焼失

水泳部部史より

校舎焼失により滝野川区滝野川の旧陸軍東京第一造兵廠内青年学校に移転したため、昭和21年2月に発行された入学志願者心得の学校所在地が滝野川区滝野川町852になっている。

入学志願者心得

関連項目

脚注

  1. 昭和39年度学校要覧の学校沿革のページでは5月と記載されている