1949年度 (昭和24年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

籠球部が国体東京予選第3支部決勝で開成高校を破り優勝、東京大会へ進出[1]

国体にオール東京として出場した卓球部の清水君・荒井君が第4位[2]

蹴球部が東京都選手権と第4回国民体育大会東京都予選高校の部において、決勝戦で九高に惜敗し準優勝[2]

蹴球部が夏休みに松本で10日間合宿[1]

夏休みに保田水泳会[1]

4月 男女共学制実施、女子編入(12名)[3][4]

4月 5日制実施[1]。「5日制」がなにを意味しているのか不明。創立70 周年記念誌には「1954年まで」との記述がある。

7月15日 「五高新聞」第5號発行

9月 共産党五高細胞結成される(数年後消滅)[4]

9月5日 五高新聞研究会が東京都高等学校新聞連盟に正式加盟[1]

9月12日 東京民事部教育課長のスティーグ氏が本校視察[1]

9月22日 「五高新聞」第6號発行

9月25日 卓球部の清水君、荒井君が国民体育大会東京予選兼東京個人選手権大会で好成績(清水2位、荒井5位)をあげ、国体出場が決定[5]

10月 創作展、藝能祭、運動会を30周年記念行事に絡めて、6日間行うことに正式決定(藝能祭2日、創作展2日、運動会1日)[6][4]

10月8日 創立30周年記念日

10月8日〜11日 創作展、藝能祭、運動会[2]

10月11日 創立30周年記念行事の一環として大運動会が開かれる(於:豊島園第一グランド)[5]

10月21日 消防署の火災予防に対する講演で、講演者の消防署長が来校せず[2]

11月2日 3年、2年が遠足で大島へ(10月28日予定だったが台風接近により延期。夜8時に船で東京出発とあるが、11月1日出発であるかは記載なし)[2]

11月21日 「五高新聞」第8號発行

11月21日 五高、九高、十高、石神井高校で合同模試[2]

1月28日 東京都立小石川高等学校と校名改称

2月15日 「五高新聞」第9號発行

東京大学に82名が進学し日本一となる[7]

部活動

「五高新聞」第9号(昭和25年2月15日)に活動中の部活動一覧が掲載されている。これによると新聞発行時点の紫友会各クラブの名称は下記の通り。

文化部:社研、哲研、放送、音楽

運動部:卓球、野球、蹴球、庭球、籠球

科学部:物理、電波、天文、気象

関連項目

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 「五高新聞」第6號:1949年9月22日
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 「五高新聞」第8號:昭和24年11月21日
  3. 「小石川高校新聞」第11號:昭和25年7月19日
  4. 4.0 4.1 4.2 創立70 周年記念誌
  5. 5.0 5.1 「五高新聞」第7號:昭和24年10月8日
  6. 「五高新聞」第5號:1949年7月15日
  7. 「小石川高校新聞」第10號:昭和25年5月29日