1950年度 (昭和25年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

5月 生徒会が紫友会から独立した

10月22日 創作展[1][2]

10月27日 高等学校では唯一、バイブルクラス主催により、元オリンピック選手でもあるザンベリーニ牧師らを迎えて講演と映画の会が行われる。[3]

10月28日 藝能祭(芸能祭)(予定。10月29日との記載もある。創立70周年記念誌には「芸能祭、創作展」11月とあり)[1][2]

11月 第3回模擬試験(予定)[1]

11月2日 生徒集会時に放送部による放送劇「ゆびぶえ」(中村新吉作)を上演(於:講堂)。[3]

11月12日 小石川高校新聞第13號発行。[3]

12月8日 「開拓」第37号発行[4]。 36号所在不明。創立70周年記念誌には「37号復刊」とあり

12月16日 自治委員会で新聞研究会の解散を指令、その後小石川高校新聞部が発足し、「小石川高新聞」を創刊[5][6]

12月19日~21日 期末整理(予定)[1]

12月23日 終業式(予定)[1]

12月24日 冬期休暇開始(予定)[1]

1月29日 「小石川高新聞」第1号発行[5]

2月14日 「小石川高新聞」第2号発行[7]

3月6日 「小石川高新聞」第3号発行[8]

3月17日 合格発表(予定)[5]

3月17日 終業式(予定)[5]

映画研究会が映画「スクールライフ」を製作。[8]

公認クラブの家庭研究会を教養部と改称。[8]

新年度より家庭科を新たに設置(予定)。[8]

逐年一年生写真帳

プライバシーに配慮して低画質版を掲載しています。高解像度版は同窓会事務局で保管しています。閲覧希望の同窓会会員はご自身の卒業年次クラスと氏名とともに同窓会事務局までお問い合わせください。

関連項目

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 「小石川高校新聞」第12號:昭和25年9月26日
  2. 2.0 2.1 「創作」第113号:昭和56年7月20日
  3. 3.0 3.1 3.2 「小石川高校新聞」第13號:昭和25年11月12日
  4. 「開拓」第三十七號(昭和25年12月8日発行)
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 「小石川高新聞」第1号:昭和26年1月29日
  6. 新聞部と出版部に分裂? 創立70周年記念誌には「新聞研究会編集方針をめぐって分裂『小石川高校新聞』と『小石川高新聞』を発行」とあり
  7. 「小石川高新聞」第2号:昭和26年2月14日
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 「小石川高新聞」第3号:昭和26年3月6日