1960年度 (昭和35年度)

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

できごと

各学年夏期講習(夏季休業中)[1]

各運動部合宿(夏季休業中)[1]

女子バスケット部がクラブに昇格。ワンダーフォーゲル部が成立。[2]

水泳講習(夏季休業中)[1]

物理同好会と軽音楽同好会が成立。[3]

保田寮開設(夏季休業中)[1]

4月 生徒会費、予算不足で値上げ。[4]

4月 聖書同好会発足の動き。[5]

4月中旬 集団検診[1]

4月9日 入学式・始業式[5][1]

4月13日 「創作」第42号発行[5]

4月27日 身体検査(内科、測定)[1]

4月28日 遠足[1]

5月 安保闘争に生徒有志参加。[4]

5月17日 従来の始業ベルにかわり、本年の卒業生から寄贈されたチャイム(4万円)が流れるものの不評。[6]

5月21日 PTA総会[1]

5月28日~31日 中間考査[1]

6月上旬 模試(3年)[1]

6月13日 文学研究会主催、SM後援により詩人 神保光太郎氏の講演会「詩について」を開催(於:物理室)。[6]

6月18日 「創作」第43号発行[6]

7月12日 授業打ち切り[1]

7月12日 新規約発足による旧生徒会辞職に伴う新生徒会執行部の改選にあわせ、投票・結果発表(2年F組より一括立候補)。[3]

7月20日 終業式[1]

7月23日~28日 3年修学旅行[1]

9月1日 始業式[1]

9月中旬 集団検診[1]

9月中旬 模試(3年)[1]

10月4日 芸能祭[1]

10月7日 創作展[1]

10月8日 運動会[1]

10月9日 三大行事終了[3][7]

10月19日 「創作」第44号発行[3]

10月24日~26日 中間考査[1]

10月30日 第四支部英語研究会主催のインターテイメント(於:旺文社日本学生会館)でESS(英語研究会)が6校中第3位。[2]

11月3日 演劇部が都高校中央地区発表会(於:一ツ橋講堂)に参加。[2]

11月29日 昼休みに各組へお湯が配られるようになる。[2][8]

12月 生徒会室誕生[4]

12月上旬 模試(3年)[1]

12月5日 「開拓」第47号発行[9]

12月7日 「創作」第45号発行[2]

12月15日 授業打ち切り[1]

12月24日 終業式[1]

1月 校地288坪70拡張[10][11][4]

1月9日 始業式[1]

1月19日 SM講演会(於:物理室/ニューヨークのデイリーミラー紙に招待され、前年末に渡米した成田攻君(2H))。[12]

1月31日 授業打ち切り(3年)[1]

2月11日 SM講演会(於:音楽室/松竹監督田村孟氏)(大島渚氏から変更)。[12]

2月27日 SMで初の試みとなる映画会「ミクロの世界」「アルコールと人体」上映(於:物理室)。[12]

2月28日 音楽研究会が四学区音楽発表会(於:都立豊島高校講堂)に参加。[12]

3月3日 「創作」第46号発行[12]

3月11日 授業打ち切り(1、2年)[1]

3月13日~15日 学年末考査[1]

3月16日 卒業式[1]

3月20日~23日 2年生修学旅行(於:京都、淡路島、香川屋島、小豆島、姫路)(予定)(「前年まで7月に東北へ出かけていた」とあり)[12]

3月22日 終業式[1]

テニスコート跡に体育館工事が始まる。振動によりB棟1階入口側教室の天井が抜けて危険なため、生徒全員がA棟へ移る。[12][13]

入学時クラス集合写真

プライバシーに配慮して低画質版を掲載しています。高解像度版は同窓会事務局で保管しています。閲覧希望の同窓会会員はご自身の卒業年次クラスと氏名とともに同窓会事務局までお問い合わせください。

安保闘争

日米安全保障条約に反対するデモなどが発生したいわゆる「60年安保」の年であり、デモには小石川高校の生徒も参加したとの記録がある。

1960年6月生徒集会の様子 1960年6月生徒集会の様子

教職員

校務(○は委員長)
議長 三橋
人事委員会 金津、近藤、○竹松、南沢、山名
教務委員会 ○新、大野、梅山、橋本、森下、吉川
厚生委員会 川野、○斉藤、佐藤、田島、千葉、西中
復興整備委員会 ○長友、前田、三和、山名、野村
清掃委員会 ○木村、近藤、鈴木、南沢、山口
保健委員会 石川、重松、富永、福井、○藤平、野口
学年委員会 大勝、○金津、近藤、福井、馬上、三和
生徒活動委員会 大勝、大谷、笠井、鈴木、本多(浄)、○本多(哲)、馬上
図書委員会 小沢、尾沢、○野田、松村、浦谷
ホーム・ルーム(○は学年主任)
1年 ○A近藤、B長友、C本多(浄)、D尾沢、E益守、F大谷、G吉田、H福井
2年 A大勝、○B三和、C佐藤、D新、E西中、F鈴木、G松村、H斉藤
3年 A南沢、B馬上、C大野、D本多(哲)、E川野、F木村、G藤平、○H山名
担当教科(○は学科主任、△は講師)
国語 金津、木村、鈴木、竹松、本多(浄)、南沢、○森下、△小市、△志村
社会 大野、小沢、○川野、斉藤、佐藤、野田、福井、△中野、△吉永
体育 長友、西中、○藤平、馬上、△馬場
数学 上野、笠井、近藤、橋本、三橋、○三和、吉川、山川、△山内、△千秋、△小野田、△斉藤
理科 ○重松、富永、長谷川、益守、尾沢、松村、△関野、△八重樫
芸術家庭 (美)大勝、(書)千葉、(音)横田、(工)前田、(家)山口
外国語 新、石川、梅山、大谷、田島、本多(哲)、○山名、△浜名、△布施、△ベル
事務 ○野村、浅見、植村、佐々木、下平、山本、三輪、野口(衛生室)、小林(事務助手)、森(教務助手)、樫村(理科助手)、浦谷(図書係)、上原ク(用務員)、上原マ(同左)、磯部(教務助手)、鈴木(用務員)
クラブ活動
文化部 写真(新、○田島)、美術(大勝)、新聞(○大野、木村)、音楽(横田)、中国(○本多浄、福井)、英語(山名)、演劇(吉田)、生活(山口)、放送(本多浄)、文学(竹松)、生物(○益守、富永)、物理電波(○松村、尾沢)、化学(長谷川)
運動部 野球(○近藤、笠井)、山岳(○鈴木、佐藤)、バスケット(○吉川、竹松)、男子排球(本多哲)、女子排球(大谷)、水泳(○笠井、金津)、ラグビー(○長友、西中)、陸上(馬上)、柔道(藤平)、卓球(○橋本、梅山)、蹴球(○三和、大野)、庭球(○千葉、田島)、剣道(斉藤、山本)、バドミントン(南沢)
同好会 地学(重松)、MIC(石川)、フォークダンス(金津、田島)、数学(吉川、三和)、模型(前田)、地理(斉藤)、哲学(○川野、野田)、女子バスケット(竹松)、社研(小沢)、聖書(石川)

生徒在籍数

A B C D E F G H
1年 38 36 41 38 38 38 37 38 304
14 14 12 12 12 12 13 13 101
52 50 53 50 50 50 50 51 405
2年 39 38 38 37 40 39 38 39 308
13 12 13 14 13 13 13 12 103
52 50 51 51 53 52 51 51 411
3年 40 39 40 39 41 39 40 39 317
12 12 12 13 11 13 11 13 97
52 51 52 52 52 52 51 52 414

創作展

10月7日

芸能祭

10月4日

運動会

10月8日


開拓 (第00号)

目次

  • 編集後記

受賞者

卒業アルバム

創作

関連項目

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 1.15 1.16 1.17 1.18 1.19 1.20 1.21 1.22 1.23 1.24 1.25 1.26 1.27 1.28 1.29 高等学校「学校要覧」昭和35年度
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 「創作」第45号:昭和35年12月7日
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 「創作」第44号:昭和35年10月19日
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 創立70周年記念誌
  5. 5.0 5.1 5.2 「創作」第42号:昭和35年4月13日
  6. 6.0 6.1 6.2 「創作」第43号:昭和35年6月18日
  7. 「創作」第44号によると、10/4芸能祭、10/8運動会とあるが10/9終了とは矛盾。創作展は不明
  8. 「創作」第46号では年明けの3学期に中止とあり
  9. 「開拓」第47号(昭和35年12月5日発行)
  10. 「創作」体育館落成記念号外:昭和36年10月2日
  11. 「創作」第134号:昭和60年3月8日
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 12.5 12.6 「創作」第46号:昭和36年3月3日
  13. 「創作」第46号には1月下旬工事開始とあり